開催レポート

2017.12.8企業PR力強化セミナー

平成29年12月8日(金)に、長野市の「ホクト文化ホール」にて「企業PR力強化セミナー」を開催しましたので、その様子をお届けします。

当日は19社23名の企業採用担当者様にご参加いただきました。皆様、若手社員の採用には様々な課題をお持ちの様子で、かなりしっかりと取り組んでおられました。

参加企業数
19社/23名
参加者満足度
96%(とても満足14、満足8、とても不満1)
「おしごとながの」活用度
37%

長野市商工労働課 前島室長からの挨拶

目次
  1. 第一部「採用市場の今」
  2. 第二部「自社PRの重要性と学生に届く発信ポイント」

第一部「採用市場の今」キャリアアセットマネジ株式会社 立見雄哉氏

セミナーは二部形式で行いました。最初の講演は、新卒採用を中心に広い経験を持つ若手コンサルタントの立見雄哉氏から、「採用市場の今」と題して、近年の新卒採用の傾向から、直近の2018年3月新卒採用の結果、またはほとんどの学生が参加するインターンシップ事情まで情報提供をおこない、地方企業が若手採用のためにどういった施策を打つべきかお話しいただきました。
Uターン就職したいと思っている大学生が6割いるなか、実際のUターン就職率は4割にも満たないギャップがあります。その差を生み出す要因は地元企業の採用情報まで学生がたどりつかない=地元には就職する企業がないから選択肢に入らないという現状であること。採用の売り手市場による採用枠増加により2018年3月採用は学生が早いうちに複数内定先を獲得しており6月にはほとんどの学生が就活を終えていたこと。合同説明会解禁になるよりも早い時期から学生に自社を認知されないと就職の選択肢に入ってこない状況が年々厳しさを増してきていることが分かりました。

第二部「自社PRの重要性と学生に届く発信ポイント」株式会社天職市場 吉澤聡氏

第二部では、Web事業とイベント事業で実際に企業の採用活動支援をしているディレクター、吉澤聡氏から、求職者が知りたい情報サイトの組み立て方や魅力PRの表現について講義いただきました。
これからの採用のあり方として採用ターゲットになる若者について知ることからはじまり、若者の仕事への価値観の変化や、若者の仕事の探し方について学びました。自社サイトPRに必要なものとして必要な情報が揃っているか、学生は何を求めているかについて説明がありました。ターゲット設定についてはターゲットを絞ること、誰に何をどう伝えるか具体化する重要性を熱く語っていただきました。最後に最新の採用トレンドの説明があり動画コンテンツやSNSコミュニケーション、インターン/職場見学会、ワークライフバランスについて取り上げました。

第二部はグループワークもふんだんに取り入れて実施し、企業の皆様も活発にコミュニケーションを取っておられました。また、ワークの内容は「おしごとながの」ですぐ使える内容となっており、企業の皆様には是非活用をいただきたいとお願いいたしました。
参加者からは、「考え方を変えなければと本当に思った」「自社サイトの見直しをするいい機会になった」「新しい情報を知ることができる」「長野の人事担当者と情報交換ができる場となりよかった」などの感想をいただきました。

本年度の企業PR力強化セミナーは今年度最後となりました。来年度も予定をしておりますが取り扱うテーマは専門的な内容も検討しております。是非ご参加下さい。セミナー内容や資料については「いいよね!おしごとながの」事務局までお問い合わせ下さい。
TEL:026-530-451 担当:斎藤、松島